はじめに

〜このWeblogの生い立ち〜

2000年1月〜2001年の暮れまで、私は目覚めてから眠るまでを病室のベッドの上で過ごしました。入院生活が1年と4ヶ月が過ぎようとしていた頃、友人が「無料のHPがあるけど、気晴らしに書いてみたら?」と、提案をしてくれたことがきっかけとなって、ポケットボードという物を入手し、日々思うことを綴り、それを友人の携帯に送ってUPしてもらうという形で日記はスタート。住む場所、職業、性別、何も明かさずに始めた日記でした。

「wasa-b」は、当時お気に入りだったわさびふりかけから命名。

投稿日:2014年07月28日

2014年07月28日

放射線治療、最終日20回目。

10分程度の治療のあと、いつものように診察室に行く。2つの腫瘍のうちの照射をした1つの腫瘍はこれからゆっくり効果が出て来るとのことで、少なくともいくらかは進行を先延ばしに出来ると思うということだった。

照射をした方の腫瘍は、2010年に放射線を当てた部分と重なって規定で当てられなかった部分がある。今後それが大きくなる可能性はあるけれど、取り敢えず副作用もなく無事に終われたのでまずは様子をみましょう。これで放射線科に来る事は終わりです。何かあればまたいらして下さいねと言われて診察は終わった。

1つの腫瘍は全く手をつけずに残っていて、治療を受けた腫瘍も残った部分がある状況。ここからはもう神様が私の命の長さを決めることになる。どうなるのかはわからないけれど、それはもう本当に誰にもわからないのだから、そのことを受け入れて毎日の中に楽しみを見つけて過ごす以外最善の道はないのだと思う。

血液検査ではヘモグロビン、血小板共に下がっていたので今日も2つの輸血を受けた。

去年の今頃と、見て感じる景色は変わったけれど、今日の私はそれでも笑って生きている。

今日を幸せだと思えることが大事だ。

私達は蝉よりもうんと長く残りの寿命をもらっている。

まだ見ない景色を私ももっと見に行きたいな。

蝉のあの力強さにはきっと勝てないけれど。

前はもっと悲しくて涙が溢れてばかりいた。

今はまた今日を幸せだと思える力が戻ってきたみたいで嬉しい。


投稿日:2014年07月25日

2014年07月25日

今日は神田明神にあかりちゃんは居なかった。連日の暑さでバテていないかしらと気になっていたが、もしかしたら夏の一番暑い時期はどこか涼しい場所にいるのかもしれない。いつもいる場所がガランと空いているのはちょっと寂しかったが、この暑さの中なのでよかったとも思った。

今日は道が空いていたので、そのまま思い切って我孫子まで行ってきた。

以前、ネットラジオでお世話になったSさんがイトーヨーカドーで造花を使った品物を出品しているからだ。

Sさんに久しぶりに会えて、アロマボトルの体験コーナーも参加出来た。

知らない道、初めて通る道は何故かいつも長く感じる。

そして帰りは行きに感じた距離感より短く思える。今日も同じ感じだ。地図では把握しているのに不思議だなぁ・・・と思いながら今日も帰って来たのだった。

放射線治療も残す所あと一回となった。

寄り道を楽しみに通ったら、病院に行ったという感覚よりも寄り道が楽しかったことの方が印象が残っていて、今年の夏はもう今月分でいつもの何倍も夏の思い出が出来たような気がする。

晴れた日が多かった。

夏らしい空をたくさん見ることが出来た。


投稿日:2014年07月24日

2014年07月24日

新宿御苑のスタジオにレッスンに行く途中、車を置いてたまたま通りかかった道すがらにパン屋さんを見つけた。

昨日、美味しいバターを買い、早速今朝試してみたら美味しかった。ホテルのレストランでパンを頼んだ時に出て来るあのバターに似ていると思ったのだが、ちょっとホテルな朝食気分を味わえたので、パン屋さんを見つけるといつも以上に吸い寄せられてしまうのだ。

私の好みは「イギリス食パン」。食パン系は甘めのホテルブレッド系よりちょっと粗めのものが好きなので、そちらを買う傾向にある。

フワフワの焼きたてを購入。

これは明日のお楽しみ。

大好きなパンがより好きになりそうなのだ。


投稿日:2014年07月23日

2014年07月23日

先日、先輩ご夫妻から「カルピスバター」が美味しいと教えてもらって、病院からの帰りにカルディコーヒーファームで見つけたので買ってみた。

お値段、1500円。

長年スーパーで300円ぐらいのマーガリンを買い続けて来た私にしたら贅沢なお値段だが、最近丁度マーガリンをやめてバターにかえた方がいいなぁと思っていたので、『口にするものは大事』という観点からすればそう高くないかもしれない。

美味しいのだそうだ。

朝は毎食パン。

明日から試してみるのだ。


投稿日:2014年07月22日

2014年07月22日

治療の帰りに今日も神田明神に寄る。

ここは本殿や鳥居の色を塗り直しているせいか、雰囲気が明るく華やかだ。青空にとても映えるので真夏のこの暑さでも敷地内に入ると何故か気持ちいいなぁと思えてくる。

あかりちゃんは今日もおとなしくしていた。

暑くないのかなぁ。

暑いよねぇ。

お参りをしたら帰りは湯島の方へ抜けて、前から行ってみたかった旧岩崎邸庭園に行ってみた。

なんて広い敷地。

ここは三菱第三代社長の岩崎久彌の本邸として造られ、戦後GHQに没収された後返還され国有財産となり、今は都立庭園として一般の人も訪れる事が出来るのだが、門を入ってお屋敷に到着するまでがちょっとしたハイキングコースぐらいの距離で、お屋敷の前についた時にはこんなすごい邸宅に住んでいた人がいたということに驚いたのだ。

豪邸、お宅訪問。

ちょびっとの間、ここの家の住人になった気分を味わってみよう。

中は撮影が禁止になっているので写真は撮れないが、赤い絨毯に高い天井の立派な建物。ちょうどガイドさんが案内してくれるグループに合流出来たので、ガイドさんのお話を聞きながら中を見学する。柱や壁紙も丁寧な造りで部屋数も多く全ての部屋に暖炉がついている。敷地は当時この3倍あったというのだからものすごい広さになるのだろう。洋館がなんとも素敵でモダンだった。

和館は天井の高さも洋館のような高さはなくシンプルな造り、一家は普段は質素な暮らしで洋館は人を招く際に主に使われていて和館の方で過ごしていたのだそうだ。

離れにはこれまた素敵なログハウスっぽい建物があり、ここはビリヤード場だったのだそうだ。

ミステリー小説に出てきそうな立派なお屋敷。

戦後、没収をされたとあったが、自分の家がある日突然奪われたらどんなに悲しいだろうかと思いを馳せてみた。

大きな木々が屋敷を囲み、蝉が鳴いていた。

病院から車で5分ほど、こんな近い場所に夏休みの感じがするところを見つけた。


投稿日:2014年07月21日

2014年07月21日

今日は先輩ご夫妻の家に遊びに行って夕食を頂いた。

「メシ、食いにおいでよ」

今まで、元気がない時にこうして誘ってもらったのはもうどれぐらいになるだろうか。考えてみたら、東京で夕飯をご馳走になる私の唯一のお宅でもあるO邸。

今日は年越しにお邪魔した時には居なかったネコの小太郎くんとの初対面なのだ。

facebookで写真だけは見ているのでこっちは”やっと会えたね!”的感動があるのだが、小太郎くんにしてみたら初めて見た怪しい者。昔からどうもネコちゃんに嫌われる傾向にある私としては結構緊張するのである。

<めっちゃコミュニケーションが取れなくていいから、せめて嫌われたくない>

ジィ~~~っと観察されているが、気づかないフリをして過ごす。

キミにはどう見えるんでしょうか。

距離を置いた場所でジィ~~~~っと監視している姿が結構可笑しい。

先輩の家での夕飯はいつも「美味しい」だけでなく「身体に優しい」ものだったりするので、レシピを聞いてそのあと家で作ったり買えるものは真似をして買ってみたりと影響を受けてきた。今日もまたアイデアやレシピを教えてもらい・・・口にするものはやっぱり大事だよなぁとまたちょっと考えたのだ。

食事のあとは近くの世田谷八幡宮に3人で出掛けた。

ここの八幡宮様はご夫妻の散歩コースでお参りもよくされている場所なのだが、パワーがあるみたいで、ご夫妻の周りのご病気の方が病気の進行が止まったりしているのだそうだ。

「どこの誰がお願いしているか、神様にわかるように自分ちの住所もお参りの時に言っているよ」

話の中で私のことも散歩に出掛けた折りにお願いしてもらっていたことを知った。

日が暮れる前の夏の蒸し暑い空気が漂う境内で、3人でお参りをした。

静かでとてもいい気が流れていた。

2人の後ろ姿を見て、なんかジワっと泣きそうになってきて、2人こそ揃って元気で居て下さいねと心の中でつぶやいた。

いつも遊びに行くと、それまで抱えていた問題がどんなだったか忘れてしまう。

今日もたくさん笑った。

小太郎くんにもおもてなしをしてもらい。

あぁ、いつもそうだったなぁ。

帰り道にはいろいろなことがリセットされる。

また明日から頑張れそう・・そう思えるお家なのだ。


投稿日:2014年07月17日

2014年07月17日

今日は神田明神でお参りをしたあと、かっぱ橋道具街を通って帰ってきた。


かっぱ橋道具街は、家庭用のキッチン用品、調理道具や食器から業務用の道具まで幅広く調理に関するものを取り扱っているエリアで、電化製品なら秋葉原、料理ものなら合羽橋ぐらいのはっきりした色がある場所だ。

ちょこっとだけ歩いてみたが、見た事もないような調理器具やカマの専門店、厨房にあるような大きなサイズの調理道具など、エリア全体が調理博物館みたいにいろんなものが置いてあって、楽しめた。

帰り道、信号待ちのことろで合羽橋珈琲という洒落た喫茶店を見つけたので、今度はお茶をしに行ってみよう。

浅草、蔵前の地理がちょっとだけわかってきた気がする。

治療に20日も通うんだから、すぐに浅草蔵前エリアは行き尽くして、根津や上野の辺りも余裕で探検出来るかなと思っていたが、案外散歩スポットが沢山あって簡単に回り切れないというのが今の感想だ。

治療が終わっても江戸散歩をしに通おうかなぁ。

帰り道をちょっと変えてみるだけで、発見って沢山あるのだ。


投稿日:2014年07月16日

2014年07月16日

治療で病院に行ってから夕方に新宿御苑のスタジオでレッスン。

お休みをさせていただいていたが、今日から再開だ。

レッスンのあとは近くのラボエムでご飯。

少しずつ、また音楽に戻って行こう。


投稿日:2014年07月11日

2014年07月11日

大学の時の友人、ムグが東京に来ていたので治療のあとで病院の敷地にあるスターバックスでお茶をした。

ムグは同じ学科で仲良くなった7人グループの中の一人。音楽サークル浸けだった私が大学生らしい思い出が作れたのもこの7人のおかげなのだ。

特にムグはいろんな楽しいイベントを作ってくれて、京都の夜のクラブパーティや若狭の夏の海に遊びに行ったこと、沖縄は当時はめずらしかった慶良間諸島、そしてバリ島もこの頃はまだブームになっていなかった頃で、これらはみんなムグのアイデアで決まったことだ。遊びのセンスがお洒落だったし美人だったので、ムグと一緒に遊びに行くと、いつも私達グループはびっくりするほどナンパされたものだった。

ムグと会うとやっぱりあのセンスの良さが今も変わっていないなぁと思う。休みを見つけてはアクティブに動いているみたいだ。が、一方グループ内で金魚のフンだった私は去年会った時、初めて自分で東京で店選びをしたが、私にはやはりあのセンスの良さは急に出せるものではなかった。最後は食べログに頼り、それでもわからなくなって、せっかくの東京での再会でセンスのお返しがしたかったが相当あかんかった。

今日はお茶をしたあと、あんまり天気がよかったので、車でちょこっと街をドライブしながら新宿にムグを送る予定だったのが、高速の乗り口を見つけてそのまま乗ってしまった。

「ちょこっと高速でドライブしない?」

ムグはそんなことが遠慮なく誘える友達。

最初はお台場近辺に行くつもりだったが、途中で気が変わって、「横浜まで行ってもいい?」と横浜ドライブにそのままつき合ってもらった。

羽田を越えて、川崎の工場群を越えて。

うわ!久しぶりに来た!横浜!

なんか、学生の頃に戻るなぁ。

こんな風によく遊んだなぁ。

そういえば、こんな風に遊んでいないなぁ。

ムグ、また来てよ。

東京のことをちょっとは案内出来るようになりたい、金魚のフンなのである。


投稿日:2014年07月10日

2014年07月10日

今日の病院の帰りは浅草、浅草寺のほおづき市に行った。

7月9、10日はほおづき市。特に10日はこの日にお参りをしたら「4万6千日」お参りしたのと同じ功徳を得られるとのことで、ポイント5倍どころじゃないすんごいご利益のある日になるのだ。

境内はほおづきを売っているお店がズラり並んでいて、お参りは9、10日に限り授与される「雷除札」を購入。

夏のお祭り、縁日気分満載の浅草寺だった。

夜は西荻窪にある竹内道郎さんのお店、w.jazでドラムの臼井かつみちゃんとベースの山田直子ちゃんがホストのセッションに遊びに行った。

一緒に音楽が出来る時間が嬉しかった。

やっぱり音楽が好きなのかなぁ。

いや、好きなんだろうなぁ。

腕はちょっとやっぱりなまっていたので、練習をまたしないといけないな。

仲間ってやっぱりいいなぁ。

一番最後に「君のともだち」をセッションでやった。何度もセッションでは登場する定番の曲だけど、今日は演奏しながらなんだか涙が出そうになった。

私も続けるよ。

何度休んでもまた戻って来る。

何度手放してしまっても、また戻らせてくれる仲間がいる幸せ。

大好きな音友と、再会の夜。